• ホーム
  • チャンピックスの正しい飲み方

チャンピックスの正しい飲み方

確実に禁煙するには病院の禁煙外来で病気として治療を受けるのが大事ですが、その時多く使われるのがチャンピックスです。
チャンピックスはニコチンと同じように働きますから禁煙に高い効果があります。
しかし、気をつけなくてはいけないのが飲む錠数や回数が大変細かく分かれていることです。

チャンピックスを飲む時は最初の3日間は0.5mg錠を1日1回、4日目から7日目からは0.5mg錠を1日2回飲みます。
この最初の一週間は実はタバコを吸ってもいいのです。
初めから無理にやめるのは逆効果だからですが、こうやって薬を飲んでいくことでだんだんとタバコを吸ってもおいしく感じなくなってきますので、これで徐々にですが禁煙をしていけます。
8日目からが本当の完全禁煙期間に入ります。
これ以降一本でもタバコを吸ってしまったら今回の治療は失敗となってしまいます。
8日目から14日目まで1.0mg錠を1日2回飲み、ここまでで二週間です。
これを12週まで続けます。
保険診療で飲めるのは12週までですが、そこまでで禁煙が成功した場合でもより完全なものにするためにさらに24週まで自費で続けることができます。

このように数字が細かいため病院でも間違えやすく、いわゆるヒヤリハットが起こる可能性があります。
医療現場でのヒヤリハットとは、薬の分量や種類を間違えてしまうことです。
チャンピックスは本来日にち順にパッケージされていまして1日に1錠飲むのか2錠飲むのかも表示されていますので、見て一目瞭然になってはいるのですが、病院で考えて手書きで飲み方を表示したりして数字が違ってしまうと効果が薄れます。
また禁煙するとうつ的な病気を持っている人はその症状が強くなることもあります。
そういう場合に薬の量を逆に規定より多く飲んでしまいますと、予想外の副作用につながることがあります。
患者も薬の表示を常に確かめヒヤリハットに注意します。

関連記事
しびれを我慢してまで喫煙しなくてもいい 2020年07月25日

現在は、常にタバコを咥えているようなヘビースモーカーであっても最初の1本は美味しくないと感じたはずです。美味しくないと感じたのにも関わらず、禁煙せず吸い続けたのは憧れが影響している場合が多いです。多くの方が初めてタバコを吸った時に感じるのがしびれの症状です。体内に全く有害性のある物質が存在しない段階...

ソフトパックで禁煙してみる 2020年06月15日

大手の企業が起業当初から注力的に取り組んでいることがあります。それは禁煙を徹底させるということです。一見、喫煙する習慣がある社員が定期的に喫煙すると効率が高まると考えられがちですが、それは誤りです。喫煙により生産性などが高まっているのではなく減少したニコチンの量を補給することで正常を保っているのです...

タバコを禁煙して手当を貰う 2020年05月11日

近頃禁煙できない喫煙者が排出する、害のある煙を吸い込んだ非喫煙者が喫煙者を訴え手当を貰うというケースが増えています。非喫煙者が喫煙者を訴える理由は受動喫煙が関与しています。受動喫煙というのは喫煙者が排出する有害な煙を本来吸い込む必要が無い非喫煙者が吸い込むことで悪影響を受けることです。喫煙によって吸...

肺の健康の為にもチャンピックスを服用する 2020年02月08日

タバコにはニコチンやタールなど身体によくない成分が詰まっているので、長年喫煙を続けていると肺がボロボロの状態になります。今はインターネット上で非喫煙者の肺と喫煙者の肺の比較画像を簡単に見られますが、ぞっとするほどの差があるので、それを見て禁煙を決心する人も少なくありません。非喫煙者の肺は鮮やかで健康...

ニコレットジェネリックのニコテックス体験談 2020年03月13日

ニコテックスとはタバコをやめたいと思っている人のために開発された禁煙補助薬で、二コレットのジェネリック医薬品です。二コレットはガムのように噛むタイプの医薬品で、噛むことによって微量のニコチンが放出されます。これによって禁煙中やタバコが吸いたくなった時の症状を緩和させることができます。結果的にニコチン...